金型費不要で1個から鍛造します!

a12
a12

小社は自由鍛造(フリー鍛造)を主としております。
実は自由鍛造の「ミソ」は「金型」にあるのです。

小社では豊富でオリジナルな補助冶具を含む金型を約2000種類ほど使用しております。
この多種多様な金型を徹底的に管理し、それぞれの種類の金型ごとに番号をつけて整理整頓してあります。
そうする事により、常時、素早く型を取り出せるのです。

ではなぜ、金型が必要なのでしょうか?
これは、「金型が無いと造れない」のではなく、「金型をつくった方がより早く、より安く、より綺麗に鍛造できる」からなのです!!!
金型を作った方が安くできるときにのみ、私たちは金型の作製を提案させて頂くのです!!!

100個も1個も同じ価格!だから1個から鍛造可能なんです!

a13

「一個だけほしい」「一個だけ造ってみたい」
そんな御要望にお応えできるのも自由鍛造の特徴であり、強みであると考えております。

よっぽどの異形状品で無い限りは、新たな金型を必要とする事もそう多くはありませんし、迅速な対応も可能です。

お客様の「余計な在庫を持たなければならない」といった無駄を解消する御助力が可能かと思われます。
「100個も1個も同じ価格」で鍛造させて頂きます!

鍛造は一次加工であり、高い精度(=短納期、低料金)と納期遵守率により金型費不要、1個からを実現!

scene_img_006
scene_img_006

鍛造の精度があがると、低料金に繋がります。なので安くなるという事もいえます。なぜ安くなるのかの仕組みとしては次の通りです。

画鋲みたいな形状のものを作る際、削るやり方だと円柱のものから芯を残すようにがっつり削り取るような形の加工法になります。
素材の費用としては、最初の円柱分だけかかりますので、削り取る予定の部分は死んでしまい非常にロスが大きいです。

これに対し、最初に鍛造を入れて、ほぼ画鋲の形を作っておけば、削る量が極端に少なくなりますので素材の費用が非常に大きく削減できます。
これが鍛造そのもののメリットですが、この削る前提を入れた鍛造なので「削り代(しろ)」や「取り代(しろ)」と呼ばれる余裕を残して製造します。

この余裕の厚みが、一般的な他社に比べて山越工業株式会社はとても薄く作れます。

試算表では、40%ぐらい素材の重さが変わることもありました。(他社なら削り代が分厚いので25kg素材が必要。山越工業株式会社なら削り代が薄いので17kgで実現できます。)

工賃としては他社と比較して高い金額になる場合がありますが、一方、素材の量が減らせたり、お客様側での2次加工費用が安くなるなどのメリットがあります。
トータルでは、お客様には、十分なメリットを感じて頂けると思います。

よって、高い精度を保つことにより、金型費不要で、1個からの鍛造でも十分やっていけるのです。

釘のような形状の品物を作る際の削り代(取り代)について

削って作る場合

one_img_003

山越工業の鍛造の場合

one_img_004

「Z」の部分が削り代(取り代)と呼ばれるゴミになる部分です。
「Z」のゴミの部分が多いとそれだけ、後で二次加工する場合、時間、コスト、技術力が必要となります。

山越工業では、この削り代部分を薄く仕上げることが可能です。

「C:他社の鍛造の場合」は、厚みが太く、ゆがみや歪みがあるので、削った際に間違いなく芯を取り出せるように、余裕を持って大きく取っているのです。このように歪みが大きなものは、最終の型の削り機械には、そのまま入れることができず、マニュアル用の削り機器(NC旋盤)などを使って手作業であらかた削る必要があります。この工程がなくなる事は、クライアントにとってグロスで見たときに大きなメリットとなります。